優しい基礎化粧品で自分に少しだけ優しく

高校を卒業して化粧を始めた私ですが、母も美容には無頓着で特にケアをせず数年が過ぎていました。生活リズムが狂ったりするとすぐにニキビが出来たり、日差しが強い日に外で活動するとすぐに皮膚がやけどしたようになっていたのですが、若さに頼りすぎて気がついたころには顔の肌が痛くて痛くて化粧も出来なくなりました。

そんな時に出会ったのが、資生堂の化粧部員の方です。何気なくショッピングモールを見ていた時に声をかけられ、色々と相談にのってもらいました。勧められたのは資生堂dプログラムです。使ってみると肌に全く負担がなく、すっと肌の奥へ入っていってくれる感じがしました。

今まで自分の事にはあまりお金を使っていなかったですし、この化粧品を通して自分の内面をも優しくケアしているようなリラックス感に浸ることが出来て大満足でした。近ごろは色々な悩みに対応したスキンケア化粧品 お試しがあって便利です。

しかも、肌に優しいので母とも一緒に使う事が出来、二人で購入するとかなり経済的です。もちろん今でも愛用しています。肌はもともと弱い方ですが、いつか肌が強くなっても使い続けるかも?というくらい気に入っています。

朝洗顔は本当に必要なのでしょうか

お恥ずかしながら私は朝洗顔をしません。正確に言うと、水で顔は洗うのですが洗顔料をつけたり、化粧水や乳液で、肌を整える作業をしないだけです。これは昔からずっとなのですが、学生の頃は朝はギリギリまで寝ていたいし、ただ面倒くさいという理由でした。

しかしながら修学旅行や、友人と旅行へ行ったときは、洗顔しないことがばれたら嫌なので洗っていました。私は肌は丈夫な方で、ありがたいことにきめも細かく、友人に秘訣を聞かれます。でも現実は、朝洗顔をしないし、使っている基礎化粧品も安い物です。

朝洗顔をしない事が美肌の秘訣とは思いませんが、あまり過剰に洗顔をしすぎるのも良く無いという話を聞いた事がありました。事実、たまに朝洗顔をした日は、肌が乾燥してかさかさになっていたように思います。これが原因かは解りませんが、洗顔をしすぎる事でお肌の水分や油分が減っていくようです。私が参考にしたサイト(http://sundial-diary.org/)はこちらです。

そんな感じで、ただ面倒で洗顔しない事を肯定して生きてきたのですが、誰にも話す事ができていません。なんなら主人も知らないかと思います。でも私はこれからも、朝洗顔しない日々を送ると思います。

敏感肌用洗顔石鹸お肌の再生

「出産をすると体質が変わる」。そのようなことを聞いてはいたものの、まさか自分の肌質が出産前と真逆になるとは思っていませんでした。出産後すぐは女性ホルモンの賜物か本当にお肌がつるつるでした。化粧水、乳液いらずと言っていいくらい瑞々しかったのです。

ところが産後数週間が経過し、私のお肌は驚くべき乾燥肌&敏感肌へと変化を遂げました。それまで使っていた美容に関する全ての商品がことごとくアウトになりました。塗っても塗っても乾燥したり、ヒリヒリしたり、痒くなったり、赤くなったり・・。

そこでとにかくまずは洗顔から見直そうと、「敏感肌用洗顔石鹸」と言われるものを手にしました。乾燥を防ぐことも大切ですが、お肌の持つ再生能力を高めるために、とりあえず洗いすぎを控えようと考えました。あまりかまいすぎると、お肌の持つ本来の能力が失われ、時に肌がボロボロになってしまうお話を知ったからです。

敏感肌用洗顔石鹸という余計なものが入っていないソフトな印象を持つ商品で、夜にしっかり洗顔と保湿。朝はあえて何も使わずに、ぬるめのお湯だけで洗うことをしてみました。すると、乾燥肌がゆっくりと治り、敏感肌用の石鹸が功を制しかゆみも少しずつ感じなくなりました。

少しでも、自分のお肌が心地よく感じる商品を探し出し、時間をかけてでもゆっくりと本来の力を信じて再生に導いていく。それは、お肌だけにとどまらず、健康と美容に関するすべての事に言えるのかもしれません。

最近良さに気付いた、美容オイル

スキンケア化粧品としての美容オイルは以前使用したことがあるのですが、ベタベタして感触が悪く、それ以来敬遠していました。コスメカウンターで乾燥しているのが悩みだと伝えると、「乾燥には美容オイルが一番ですよ!」と言われました。

環境に負けやすい私の肌には、水分や油分の蒸発を防いでくれる美容オイルが適している、とのこと。苦手なアイテムだと伝えたのですが、「最近はテクスチャーが改善されていて、浸透力もアップしていますよ」と強力プッシュされ、半信半疑でしたが、サンプルをもらって使ってみることにしました。

サンプルパウチから出してみると、想像以上にサラっとした感触。オイルというより水みたい。指で伸ばすとスッと馴染んで、もたつくことなく肌に浸透しました。角質スキンケアをしてツルツルのキレイな肌を目指します。確かに以前使ったオイルとは感触が違う!とコスメの進化に感動。3日間使用したのですが、肌がしっとり落ち着いて、柔らかくなりました。

それ以来、美容オイルの虜になってしまいました。早速現品を購入して活用しています。化粧水に数滴混ぜてみたり、爪の保湿として使ってみたりと、研究している最中です。やっぱりスキンケア化粧品は大事ですね。オイルが苦手な方、騙されたと思って一度使ってみて下さいね!

エイジングスキンケアの新商品

エイジングケア化粧品のモニターご案内メールが届きました。冒頭の「なぜハリが失われるのでしょう?」にドキッ、「見た目年齢が一気に上がったような気がする」には思わず溜め息が。

新商品のこのスキンケアは、年齢肌の複雑な肌の悩みに、植物の生命の源「根の力」で働きかけるのだそうです。朝晩2ステップのケアで、美白やハリ、乾燥にしっかりアプローチしてくれるとか。

植物、しかも「根の力」って気になりませんか?やっぱりURLをクリックすることになってしまいました。植物の根とは、生姜、朝鮮人参、ウコン、タチアオイ、ボタン、ワレモコウのことで、これら6種の根の抽出エキスが肌に弾力を与えてくれるといいます。

保湿成分としてアスナロやユズ、ユーカリといった和漢植物エキス、そして美白成分はこのブランド独自開発のカモミール由来成分が配合されているのです。クレイ洗顔で毛穴ケア【皮脂が過剰分泌してしまう本当の理由!】←こちらのサイトは詳しく解説していたので参考になりました。

モニターセットは化粧水と日中用・夜用クリームの3点だけで、本当に朝晩2ステップのシンプルケアなんですね。2週間は試せるので効果の兆しは実感できそうですし、容器のマジェンタカラーは年齢肌に悩む世代にはぴったりですね。

皮膚を柔軟にして毛穴を引き締める

毛穴が目立つのは毛穴そのもの以外に、毛穴周りの皮膚が硬くなるせいもありそうですね。よく見ると、毛穴が目に付く鼻や小鼻の周り、頬の上あたりって、皮膚が厚ぼったくなっています。

毛穴がボツボツした肌のことをミカン肌ともいいますね。これは、ボツボツと同時にゴワゴワと皮が厚いミカンのような肌、という意味もあるのではないでしょうか。ここhttp://sundial-diary.org/に毛穴ケアできる化粧品のランキングがありました。

つまり、毛穴を小さくしようと思ったら、硬く厚くなった皮膚を改善する必要もあるということなんですね。ですから、毛穴が開いているからといって、単純に引き締めればいい、とはいかないようです。

一時的に毛穴がキュッと閉じたからといって、皮膚が硬いとまたすぐ開くような気がします。硬くなった皮膚というのは古い角質が溜まった状態だそうですから、これを取らないといけません。

丁寧な洗顔でも角質をきれいにする効果があるようですが、古い角質を優しくオフする、という拭き取り化粧水もありますね。厚くなった角質を取り除いて肌を柔らかくすると、毛穴の引き締まる力も蘇るような気がします。

気になる鼻の毛穴の対処方法

私は肌が強いのか、あまり肌のトラブルというものに見舞われたことがありません。毛穴だってほとんど気にしたことはありませんでした。ビーグレン 毛穴ケアできれいになるといいのにな~。

しかし、原因は何なのか分かりませんが、ここ2年くらいで急に鼻の毛穴が気になり始めました。気になったというより実際目立ち始めました。

一時期あまりにも気になりすぎて、色々と試したりしました。例えば、王道ですが毛穴パック。これは毛穴が開いて逆によくないなどと聞いていましたが気にせずやってみたところ、いまいち効果を実感できなかったのですぐに止めてしまいました。

その次はオリーブオイルで鼻のマッサージです。調べたところオリーブオイルが良いようだったので一時続けてみましたが、いまいち効果が分からず止めてしまいました。

結局続けられないのが一番の問題だと思ったので、いつも行う洗顔を丁寧にするということで落ち着きました。
丁寧にやったところで毛穴が無くなっているというわけではないのですが、これ以上大きくなって欲しくないという希望をこめて行っています。

日々のお手入れでニキビケアする方法

私は子供の頃から甘いものが好きで好きで、いつもチョコレートやケーキ、
クッキー、おだんごといったお菓子を食べているので、いつもニキビに悩
ませれています。

そのためニキビで悩んでいる歴史は長く、もう20年以上のキャリアです。
自慢できるものではありませんが・・・。

甘いお菓子意外にも、大人になってからはカクテルや梅酒といったお酒、
グラタンやピザといったバターをたっぷり使ったこってりしたメニューに
も目がないので、なかなかニキビとの関係を絶つことができません。

だからずっと心に留めて気をつけていることは、吹き出物ケア専用の
基礎化粧品を長く使うことです。普通の化粧品に比べてベタベタ感もないし、
ニキビができてしまった時も、ニキビケア専用の乳液やスポッツケアクリーム
を付けると治りが早く、ニキビ跡が残りにくいのです。

コツとしては、ニキビケアは朝用だけとか化粧水だけとかよりも、
朝晩化粧水、乳液、クリーム、美容液とトータルでラインを揃えた方が
効果が高いようです。

好きなお菓子やこってりした物を我慢したくないので、これからもずっと
スキンケア用品はすべてニキビケア専用を上手に生活に取り入れていこう
と思っています。

テープ状の毛穴ケア用品でごっそり

毛穴のケアについて、私はデープ状の鼻にはるタイプのもの
を利用しています。
理由は簡単、とった汚れが確認できるからです。
説明書には2~3日に1回程度と書いてあるものが多いですが、
パッケージに印刷されている見本のような毛穴の汚れの取れ方を
すると、いい知れぬ達成感を覚えます。そのために洗顔だけで過ごし、
一週間くらいのインターバルで使用したりもしました(笑)

毛穴の開きは毛穴 引き締め 化粧品で解消できたらいいな。

しかしテープ式のものは取れた汚れが確認でいる反面、小鼻の脇や細かい
毛穴のケアを十分にするのは少し工夫が必要だと思いました。
最近スプーン型のスティックで汚れを掻き出すものも販売され、
気になりましたが、テープ状のケア商品の多くが取ったあとの
毛穴引き締め効果があるとのことで、そちらの方がいいのかな、
と思い使い続けています。

私が使用する際にしている工夫は、テープを貼る前に暖かいタオルで暖め、
十分に毛穴を開いてから貼るということです。
何もやらないより時は多く隅々まで取れるようになった気がします。
あと、暖めたことにより、テープをはがす時の刺激も少なくなりいいのかなと
思いました。

洗顔石鹸って肌にいいらしいです

私はここ数年ずっとメイク落としと洗顔両用の洗顔ジェルを使っています。
メイクはしっかり落ちるし、それでいて肌への負担もほとんどないような気がするので、同じメーカーのものを使い続けています。

でも、最近、洗顔石鹸もいいかもしれないと思い始めています。
というのも、主人が数か月前から洗顔石鹸を使い始めて、肌がとってもきれいになったんです。

人気のフラニー。友達から薦められてつかってるよ♪

彼の肌からオイリーな感じがなくなり、かといってパサパサと乾燥しているわけでもなく、水分もちょうどよい加減でしっとりしているみたいなんです。
主人自身も肌の調子が良くなったと言っていますし、自分の肌に最もぴったりくるベストの洗顔石鹸を求めて、いろんな種類の石鹸を買い集めてるくらいです。

私の肌はオイリーというよりもどちらかというと乾燥肌なので、主人のような効果が出るのかどうかわかりませんが、乾燥肌用や敏感肌用の石鹸ならば、私の肌も潤ってくれるんじゃないかと期待しているんです。どうでしょうね。